FC2ブログ

2018-12

お休み処 (院長のひとり言)


◆飼主様と獣医師とインターネット情報について思う事
2018127日 
NEW

ドン・ペット・クリニックでは、診療の最後に 「 ネットで検索するなら○○○で検索してね 」 とお勧めの検索ワードをなるべくお話ししています。

そして 「 ネットの情報は古い内容や間違っている内容もあるので、気になる内容を見つけたら質問してね、責任を持って答えるからね 」 とお伝えしています。

実際の診察風景では

問診 ・ 検査を終え病気が読めてきました、さあ飼主様への説明です。私の脳ミソがグルグルと、♪まわるま~わるメリーゴーランド♪状態突入。 ( これがわかった人はウン十代です、正しい歌詞は回れです )
ムンテラかインフォームドコンセント、どっちが先?
治療開始までに飼主様が考える時間・猶予は、どれ位?

ムンテラとインフォームドコンセント

ムンテラとは、ドイツ語の 「 Mund ( 口 ) 」 と 「 Therapie ( 治療 ) 」 からなる言葉で日本では 「 ムンテラ 」 と略され、「 医師から、患者 = 飼主様への病状の説明 」 と認識されています。
病気に関して医師は病気のプロですから、医師が必要と思う事を患者 = 飼主様を怖がらせることがないように説明します。
患者 = 飼主様も治療法への納得感を得られ易い印象です。
医師の考える治療方針を納得してもらうという感じです。

インフォームドコンセントとは、「 医師は、患者 = 飼主様に対して病気に関する情報を提供し、患者 = 飼主様が治療方針を決める 」 と認識されています。
期待される効果や治療の成功率、治療費用、副作用などの具体的な内容が含まれます。
インフォームドコンセントは、患者 = 飼主様が中心で理想的に聞こえますが、治療開始までの限られた時間の中で全ての内容を説明し正しく伝えるというのは、なかなか難しいことも事実です。

ドン・ペット・クリニックでは 「 私の犬 or 猫ならこうするかな 」 がムンテラです。
これは納得の到達点・治療費・労力が私バージョンなので、万人向け、一般的とは言い難い?

インフォームドコンセントでは、想定できる全てをお話するように心掛けているのですが、私の話し方が下手で反対に分かりにくくなってしまっている?ことも・・・ありやなしや。

そこで、インターネットの登場です。

以前は、人間なら医師、動物さんなら獣医師以外の人から、病気に関する情報を得ることは殆どできませんでしたが、今ではクリックひとつでいくらでも入手可能です。

情報の精査さえ間違わなければ、インターネット検索は素晴らしいツールです。

獣医師と飼主様では情報・知識の偏りは、仕方の無い事であるのかもしれませんが、飼主様のインターネットによる情報 ・ 知識の入手がムンテラとインフォームドコンセントの隙間、飼主様と獣医師の隙間を埋めるツールになり得るのではと考える今日この頃です。

HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆盲導犬育成のための募金(ラブラドール募金箱)2016今年もありがとうございました。「 お礼 」 と共に 「 盲導犬の新しい取組み 」 と 「 8月15日のホーム転落事故から私も考えること 」
2016827


気づけばこの【お休み処(院長のひとり言)】ページは、約1年ぶりの追加更新となりました。( 自分のひとり言はついつい後回し )

◆まずはお礼です。

今年も、ドン・ペット・クリニックの待合室に置いてある、公益財団法人日本盲導犬協会の募金箱 ( 別名 : ラブラドール募金箱 ) に、盲導犬育成へのご支援ありがとうございました。

ご支援の心がぎゅっと詰まったあったかい募金です。

大切に、1年に1回、必ず送っています、今年も無事に送りました。

これからも皆様と一緒に、「 ちょっぴり運動長続き 」 の気持ちで続けたいと思います。

ありがとうございました。

情報ページの紹介、厚生労働省HPより
「 いろんな場所で会おうね。ほじょ犬 」

◆少しづつ少しづつ世の中が動いていく、今年も大きなチャレンジがあったようです。

前にも書きましたが、ドン・ペット・クリニックに、年4回、「 盲導犬くらぶ 」 という会報が、公益財団法人日本盲導犬協会から届きます。

7月に届いた83号に 「 全盲ろうの方が日本で初めて盲導犬ユーザーになられた 」 という記事がありました。

NHKのEテレで7月9日(再放送7月15日)「道を拓(ひら)く、盲ろう者と盲導犬」に放送されたのでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。( 残念ながら私は見逃してしまいました )

詳しいことは私が書くより上記Eテレのページの方が解りやすいと思われるの割愛させていただきますね。

今回のペア誕生のすごい点は 「 全盲ろう ( 全く見えず聞こえない ) 」 という点 ( 日本では唯一 ) で、事前準備も時間をかけて周到に試行錯誤しながら進められたようです。

盲導犬を選ぶにあたって配慮したことは・・・以下記事抜粋・・・ユーザーさんの歩行の特徴 ( 左右に大きく体が揺れる ) から、 ① 揺れに耐えられる、ある程度体が大きい ( 大きくて目立つことで周りから注意を払ってもらえるのもメリット ) ② 歩行ペースが速め ③ 車への反応がよいなどに加え、犬が吠えたりいたずらしたりしてもユーザーさんが気が付かない可能性があるため ④ 家の中で吠えて要求するような性格でないこと ⑤ いたずらするなど好奇心が強すぎないなど、様々な観点から・・・以上記事抜粋・・・だそうです。

その名はベイス!

ベイスは、ユーザーさんの指示の言葉がうまく伝わらない可能性も考え、声による指示より手の動きによる指示を優先するよう練習し、実際ちゃんとできたとのこと、すごいですね。

ここで思い出すのは白シェパード盲導犬のスカイです。( スカイについては、20142月にこのページにも書いたので、もう少し下にスクロールすると出てきます。御興味のある方、よろしかったらどうぞご覧ください )

スカイの時も課題はまだまだあると記事にありました。

そしてベイスにも課題はまだまだと記事にあります。

でもそれは当たり前、チャレンジなのですから!

やってみなければ問題点もわかりません、でしょ?

社会の色々な立場の 「 人を含めた動物同士 」、お互いが無理せず気持ち良く過ごせますように。

◆8月15日のホーム転落事故から私も考えること

 「 こう声をかけるといいですよ 」 「 こうすると助かります 」 の言葉はここで紹介するまでもなく世の中にありますので、一番私が言いたいことを書き留めます。

「 なんでもいいから、勇気を出して声を出してみよう

声をかける相手は何も盲導犬を連れている人限定ではない。

道端で転んだ子供、道を飛び出さんばかりの子供、暑さでへたばりこんでるらしいお年寄り ( 私の義父は去年親切な方に助けていただきました )、子供やお年寄り限定ってわけでもない、他、諸々・・・。

忙しい毎日だけれども、もっと心掛けたいと改めて思います。

NHKあさイチでも「どう防ぐ?視覚障がい者のホーム転落事故」として8月25日()放送されたようです。( 残念ながら私はまたもや見逃してしまいました )

もう一回・・・社会の色々な立場の 「 人を含めた動物同士 」、お互いが無理せず気持ち良く過ごせますように。


HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら

(ところで今更ですがいつの頃からか3チャンもしくは教育テレビがEテレになっていた、馴染みにくいなーと感じる私です、年齢の証明か・・・)

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




◆犬や猫は「汗をかく」のか?

201588

夏が大好きな私ですが、こう連日熱いと、夏の大王様に降参ですって言いたくなります。

確か子供の頃 「 夏休みの宿題は午前中の涼しいうちにやりましょう 」 って1学期終了時に先生に言われた記憶がある。

しかし、しかーし、昨今涼しい午前中に出くわす事は稀に感じます。

夜明け前にほんの少し風に変化が・・・って感じ。

だもんで、気温の上昇に伴い、診療中に飼主様からの質問として増えるのは、「 犬や猫は汗をかくのですか?」 があります。

そもそも犬さん猫さんの発汗とは?

人が温熱刺激に反応し、体温調節のために皮膚のエクリン汗腺から分泌されたサラサラした液体を汗と言うならば、犬さん猫さんでは 「 肉球 」 からのみ分泌されています。

でも体温調節とは関係ない?です。( 証明されていないんで・・・)

動物病院では、とてもビビった ( 緊張した犬さん猫さん ) だと足跡がしっかり付いています。

私は診療中に足跡を見ては、ビビってるのね、お疲れ様と、常々思う毎日です。

発汗が多いとイメージびしょびしょです。

ところで女性の更年期発汗は、個体差あれど大変そうですね。

当院スタッフ ( 奥さんですが ) を見ていて思います。

これまたお疲れ様と、常々思う毎日です。

まっストレートにがんばってるじゃんって伝えたいんですけれど・・・

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆子供の頃part3(ミツバチに刺されるの巻)
20155月31日


そろそろ夏を感じる緑あふれるこの季節、梅雨が本格的に始まる前に自然の中に入って草のいい匂いを嗅ぎたくなる、そんな気分です。

この間ハナアブが花から花へ楽しそうに飛んでいるのを見かけて、そーだ、そーだと今回の ( ミツバチに刺されるの巻 ) です。

小学生の私は春になると校門から校舎までの道すがら、花壇のサルビア花をくわえては蜜を吸い、ついでにハナアブ ( ナミハナアブ ) を捕まえては手で軽くグウをつくり、手の中のブンブンいう羽音と感触を楽しんで、校舎の入口に到着すると手のグウをパアにしてアブを放して ( アブさんバイバ~イ ) そしてやっと下駄箱へ、という毎日でした。

いつもミツバチだけは間違えて握らないように気をつけながら・・・

でも心の中では、ハチに刺されてみたい気持ちムンムン・・・

でも、でも・・・と、気持ちを抑えていました。

ミツバチに刺されるとどれくらい痛いのだろうか・・・

本当にミツバチは一度刺すと針が抜けてしまうのか?

知りたくて知りたくて・・・。

そして、とうとう、ついに我慢できずに握ってみました。

一瞬の激痛!

手をパア~、ミツバチは飛んで行ってしまいました。

手を見ると親指の内側には小さな針が刺さっていました。

指で摘むとスッと抜けます。

もう一度皮膚に当てます。

スッと刺さりました。

チョッピリ痛い・・・最初の時の100分の1程度の痛み。

ってことは皮膚の切れる痛みでは無く、残りの毒の傷みか?

それにしてもスゲー切れる針!!

感動!!!

私の記憶はここまでです。

その後、保健室に行った?腫れた?忘れてしまいました。

頭の中には針の形と、良く切れる針に感動した記憶だけです。

こんな小学生でした、おしまい。

岐阜大学教育学部理科教育講座地学教室
進化する昆虫図鑑より

ナミハナアブ

シマハナアブ

ニホンミツバチ

セイヨウミツバチ

スタッフの声 ―――――
こんな小学生でした?いいえ!今でも似たような行動を十分しています!
三つ子の魂百までというか雀百まで踊り忘れずというか・・・
そのうちこっぴどく痛い目に合っちゃうぞって思います。
止めても聞かないんですけれど・・・


ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆私の気になる不思議な事、同じ病気なのに「最初の一手」が動物病院により異なるのはナゼ?治療方法って?手術って?
2015323

動物病院は、人医で言う自由診療 ( 自費診療 ) ですので人間の病院と違い、治療費だけでなく、保険制度という制約もないので治療の方法や内容の選択肢が広いというメリットもあるのです。

しかし、言い換えれば 「 標準治療 」 という枠も無い?・・・というデメリットにもなりえます。

「 標準治療 」 とは、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。

一般に、標準という言葉から平均的といった連想をされる方が多く、標準があるならさらに上の級があるのではないかと思われる方も多いかと思います。

しかし、標準治療とはその時代で最も良い、基本になる治療という意味で使われます。

私は診療中、標準治療に当たる治療のことをなるべくゴールデンスタンダードという表現を使っています。

さて標準治療が基本ならば 「 最先端治療 」 というものもあります。

一般に、最先端という言葉から大変素晴らしく革新的といった連想をされる方が多く、標準よりも良いのではないかと思われる方も多いかと思います。

医療において、「 最先端治療 」 は最も優れているとは限りません。

「 最先端治療 」 とは、開発中の試験的な治療として、その効果や副作用などを調べる臨床試験で評価され、それまでの標準治療より優れていることが証明され推奨されれば、その治療が新たな 「 標準治療 」 となるのです。

つまり 「 最先端治療 」 は 「 標準治療 」 になるチェック前で、チェック後それが本当に素晴らしいものになる可能性を持っているもの、ですね。

( 内容によってはチェックが間に合わず、明らかに素晴らしいものもありますが )

ですから!
病院により治療方針 ・ 説明 ・ 方法 ・ 内容が異なる場合は、それぞれの病院に 「 違う理由 」 をはっきり聞いてみましょう!!

個性的な治療を行う動物病院には、きっと理由があるのでしょうから、その理由が納得できる内容であればOKですものね。

聞かれる事を嫌がる病院ならば・・・と私は思います。

病気内容にもよりますが、手術の同意を即決で求める病院や、手術さえすれば大丈夫ですよ的な表現をする病院も・・・と私は思います。

私は大学で病理を学び、卒後は大学病院の外科に学んだため、外科手術と麻酔にはちょっと 「 こだわり 」 があります。

それは、逆に怖さや落とし穴も重々承知、学んだということです。

手術というのは、治療法の中では最低なのかもしれません。

なぜなら、身体を傷つけて治療するわけですから。

しかし、死に瀕した仔が奇跡的に助かることも、手術以外では助けられないこともあります。

外科を勉強された先生方は、大抵 ( 私もです ) むしろ内科治療の重要性に気づきます。

あくまで、外科手術は、内科治療とセットで行われるべきものです。

外科手術は、どうしても必要、手術以外の方法では助けられない、手術が最善な場合、そのような時に行うものです。

世の中動物病院って増えたよね。

同じ病気なのに 「 最初の一手 」 が病院で異なるのは不思議、なんでだろう・・・

獣医さんに問題がある?・・・

ドン・ペット・クリニックでは、何でも質問して下さい。

質問歓迎、喜んでお答えします。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆いぬのきもち4月号の特集 「 一生使える愛犬お世話計画 」 に監修として参加しました
201536

ある日、「 いぬのきもち 」 という雑誌の方から電話が入り、今回の参加となった次第です。

細かい部分の校正にも応えてくださり、けっこう見やすく簡潔に出来上がっていると思います。

機会があったらご覧になってみてくださいなってなわけです。

待合室にも置いてあります。

( 珍しくほんの少し微笑んでる先生の写真も載っています・・byスタッフ )

“いぬのきもち”公式ページ

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆先日、ネット上の医療系紹介「ドクターズファイル」から取材を受けました

2014921

通常、掲載は有料だと認識していたのですが、今回匿名の方からの依頼により取材となったそうで無料掲載でした。

無料も嬉しいけれど、それよりも、当院の紹介記事を読みたいとの御希望の方がいらしたという事が、素直に嬉しいです!!!

どうもありがとうございます。

これからもがんばります、エイエイオー!

よろしかったらご覧ください。

Doctor's Fileドン・ペット・クリニックの記事ページ

検索する時は、「 ドンペット取材 」 で、グーグルとヤフーだと1ページ目に出ました。

( 思わず検索してみちゃいました、ヘヘッ )

**スタッフ談**
相変わらず発言の院長と、緊張?した院長と・・・が見られます。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆子供の頃 part2 ( アオダイショウの巻 )

2014年8月25日

夏も半分以上過ぎてしまいました。

子どもたちよ!めいっぱい遊びを抱け!今遊ばず、いつ遊ぶ!ということで今回は、7月11日の蝉の話に続き、私の子どもの頃の話 part2 です。

アオダイショウ、青大将、そうです、蛇です。

鮮明に!鮮烈に!覚えていることです。

さて、私の大好きだった図鑑には、アオダイショウ ( 蛇です ) は 「 青臭いニオイを発する 」 との記述が、お決まりで書いてありました。

アオダイショウの 「 青臭い 」 を嗅いでみたい!

私の衝動は止まりません。

少年の私は、アオダイショウを捕まえる度に撫で回し、臭いを丹念に嗅いでいました。

50cmクラスからメーター越の個体まで、成熟度合いを考慮し、中学1年のあの時まで、20匹は嗅いでいました。

( スタッフに言われた 「 蛇を捕まえてはニオイをクンクン嗅ぐ少年って・・ちょっとコワイ 」 だってさー、そーかなー、知りたいじゃん )

私は中学入学と同時に、品川から埼玉県の東浦和に転居したのですが、当時の東浦和は、とても自然に恵まれていました。

イタチが車に轢かれ、マガモが親子で道路を横断し、天高くヒバリが鳴き、キジも鳴かずば撃たれまい、なんてことを言いたくなる環境でした。

つまり引っ越し先は、私にとって素晴らしく魅力的な環境だったのです!

土曜日は、学校が終わると速攻で自転車に乗りパトロールです。

田んぼを覗き、用水路をチェックし、雑木林を点検し、カメに忍び歩き、もうワクワク状態。

そして、雨上がりは用水路の低木に 「 アオダイショウ 」 が、かなりの確率で居ました。

その日もしっかりチェックです。

居ました!

大きな個体です。

いつものように捕獲!

おっとと暴れる、

( 普通は首根っこを持つとダラッとするのですが、コイツは腕に巻き付いてきました )

右利きの私は左手に持ち替えてと、

瞬間ヤツの首がクルッと振り向き・・・ 「 痛って、食いついた!」

直ぐにグワシ!と、右手で掴んでヤツを放り投げてしまいました。

残ったのは、私の左手親指基部に、しっかり刺さってくっ付いていたヤツの牙。

その手を嗅ぐと・・・ 青臭い?・・・ 青臭い!・・・ 青臭いニオイ!!

やっと巡り合えました!!!

感激の一瞬!!!!!

痛みの記憶はありません。

ヤッホー気分の記憶だけです。

そうです、「 青臭いニオイ 」 は、アオダイショウのお怒りサインだったのです。

牙まで折ってしまって、アオダイショウ君ご免なさい&ありがとうの、記憶です。

HP 「 見て知って北海道 」 内 〈 アオダイショウ 〉

蛇たちの 「 庭 」 奥美濃 ・ 鈴鹿山系の自然と野生動物

山口県岩国市公式観光HP 「 シロヘビ観覧所 」
( このページから岩国白蛇保存会のHPにも飛べます )

**スタッフの声**
岩国の白蛇って青大将のアルビノだったのね、知らなかったです。
先生に、ムチャクチャ有名だよ!と白い目で見られてしまいました・・・。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆注射時 ( 注射針 ) の工夫

201489

先日、ある飼主様から、なんで先生は注射をする時、針をそんなに変えるの?人間と動物は違うの?と聞かれました。

よく見ていらっしゃるなと、驚いたのですが、飼主様ご自身が頻繁に通院なさっているそうで、前から私に聞きたかったそうです。

説明すると、ドン・ペット・クリニックでは、犬さん猫さんに注射する時、注射時の痛みを少しでも軽減するため、1回の注射に、注射針を最低2本使用しています。( 薬の吸引時と実際注射時 )

これにどういう意味があるかと言うと、注射針を、薬のバイアル等に1回刺すと切れ味が落ち、そのまま針を変えずに体に注射をすると、切れ味の落ちた針は、少し痛いはずです。

だから私は、注射時にもう1本新しい針を使用しています。

しかし、医学的には、無菌操作であれば注射時に針を新しくする必要はありません。

その証拠に、人間の病院で注意して見ていると変えていない事がわかります。

人から見たら 「 だから何?」 かも知れないけれど、違いが出ます。

ちょっと自己満足、ちょっと自慢でした。

【 HP掲示板 】
「 犬 : 注射関連 」 のお話はコチラ

【 HP掲示板 】
「 猫 : 注射関連 」 のお話はコチラ

上記ページは注射情報関連リンク一覧ページです。

こんな自己満足話は今回分だけですのでご安心を。

キチンとした 【 知っ得!】 情報が入ってます。

( 当院HP掲示板からも閲覧できます )

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



◆子供の頃 ( セミの実験の巻 )

20147月11日

小学生時代は全く勉強した記憶はありません。

本といえば図鑑ばかり見ていました。

母親が月に一度は本を買い与える方針でしたが、姉は本を買い、私は図鑑しか選ばないという困った人間でした。

きっと母は虚しく思っていたかもしれません・・・。

さて、私は夏になると蝉とりに熱中していました。

「 ニイニイゼミ 」から始まり、夏の終わりの 「 ツクツクボウシ 」 まで。

少年の私は考えました。

「 ニイニイゼミ 」 も 「 ミンミンゼミ 」 も 「 ツクツクボウシ 」 も、「 名前らしい鳴き声 」 なので納得の命名。

では、「 アブラゼミ 」 は?・・・ん、油・・・。

私は全ての種類の蝉を、重複して水に漬けてみたのです。

なんと!吃驚!アブラゼミからは油が出るのです!

蝉から水面に広がる油、感激しました。

大人になってからは、実験していません。

現在ネットにもそんな話は有りません。

今夏の宿題・・・?

( NATIONAL GEOGRAPHICのページには天ぷらやトンカツを揚げている時の音に鳴き声が似ているからアブラゼミと書いてあったが、、、)

ちなみに、実験時間は約1分程ですので死亡することは無く、水から上げれば瞬時に自力で飛び立ちます。

また蝉は沈みません。

「 ツクツクボウシ 」 は瞬時に、「 ミンミンゼミ 」 はちょっと苦労して自力で水面から飛び立ちました。

クマゼミ・ヒグラシは、私のテリトリーには生息していなかったので実験していません。

【 図鑑 】 画像で見るセミの種類
セミ大国日本!たくさんいるぞ!

NATIONAL GEOGRAPHIC
エピソード2 「 東京新名物 」 ~ 夜に鳴くセミ

そうそう、夜、普通に鳴くようになったよね。

スタッフ談 ―――――
言わせて下さい。
本人は、淡々と、「 今年アブラゼミ捕まえたいな~、もう1回確認したいな~ 」 などとノンビリ言ってますが、なんだこの一行目は・・・「 小学生時代は全く勉強した記憶はありません 」 だと~~~。
嫌味だろーと指摘したら、「 だってホントのことだも~ん、俺、遊んでばっかいたも~ん、一人でモクモクとこんな事ばっかしてたも~ん、楽しかったヨ~ 」 ですって!!!
私から見るとすこぶる感じ悪っ!と、斜め下見て思わずつぶやいてしまいました。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら



日本で唯一となる白いシェパードの盲導犬が誕生 

2014220 

当院には、年4回、「 盲導犬くらぶ 」 という会報が、公益財団法人日本盲導犬協会から届きます。

1月に届いた73号の中で、なるほど!と、思った記事があったので今回書きました。

はじめは、白シェパードが盲導犬?内心驚きました。

確かに昔は、シェパードの盲導犬はそれなりに居たと思います。

記憶ですが、日本の第1号もシェパードだったはず。

しかし、時が経ち、だんだんとラブラドールを筆頭に、現在は、圧倒的にレトリバー種が多くなりました。

つまり、性格、体力、大きさ等から適している、ということです。

シェパードはレトリバー種に比べ、私の印象では、精神面が、よく言えばデリケート ( 細かい所までよく気がつく可能性 )、悪く言えば神経質 ( 警戒心が強すぎるタイプだと臆病に繋がる可能性 ) と感じていました。

見た目も、犬と触れ合ったことがない方々にとって、シェパードよりレトリバー種の方が一般的に受け入れられやすいであろう。

色々な所へ行く盲導犬にとっては、個人的に大事だと思っている。

しかし、今回の記事は、なーるほど!考えられてるな!と、思いました。

犬の特性は、表裏一体。

この白シェパード ( 名前はスカイ ) がパートナーとなった方は、視覚と進行性の聴覚障がいもあり、盲導犬は2頭目です。


== 以下記事より一部抜粋 ==


スカイは、突発的に発生した異変にも比較的冷静に対処し、教えられた行動だけでなく、自分自身で考え臨機応変に危険回避ができる。

また、動くものを遠くから認知する能力も高い。

遠くから近づいてくる車や自転車の音を、敏感に感知し振り返り警戒。

しかも白い毛並みのために、街中でおおいに目立つことで周りの方の援助を受けやすくなったり、車からの認知もされやすい可能性が高くなる。


ね!素晴らしい!


盲導犬訓練士の方々の、犬の特性を、上手く利用し、良い方向へ持っていき、その犬の才能を開花させる。

ユーザーさんも、きっと上手なのでしょう。

スカイは、パピーウォーカーの御家族にも恵まれたのでしょう。( スカイはアメリカの盲導犬協会から来ました )

そして盲導犬は、昨年2月に、このページに書いた 「 盲導犬からのお願いです 」 ( もう少し下にスクロールすると出てきます ) にもあるように、そのお仕事に向いていて、そのお仕事をこなす事に喜びを感じるタイプの犬が、盲導犬になるのです。

スカイの活躍が目に浮かびます。

スカイは、体重32㎏、体長74㎝、と、ラブラドールよりひとまわり大きいです。( デカッ!)

どこかで見かけても驚かないでね。

もちろん、会報にも書いてあったように、まだまだ課題は沢山あることと思います。

でも、超えていこうよ。

社会の色々な立場の人同士、お互いが無理せず気持ち良く過ごせますように。

公益財団法人日本盲導犬協会

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




◆ジャガイモの芽 ( 我が家のジャガイモ論争)
20131220 

秋から冬、ジャガイモがとても美味しい季節です。

一般的には、5月位のジャガイモを新じゃがと呼びますが、我が家では、秋の新じゃがと勝手に呼んで、夜食となります。

もう一人の我が家の住人に、にらまれながら、私は体重が増えないので、気にせずパクついています。

ここで、我が家ではジャガイモの芽を取るか否かで論争が起きます。

私は平気派、気にしない派なのですが・・・。

真相は?

ジャガイモの発芽部分 ( 発芽ですよ、発芽 ) や、皮 ( 特に光を浴びて緑化した部分 ) には、有害物質であるアルカロイドが含まれていて、それが原因で食中毒をおこすことがあるそうです。

アルカロイドを取り除かずに食べると、食後20分程度で吐き気や嘔吐、下痢などを発症するそうな。

アルカロイドは、未成熟で小さいジャガイモに多く含まれていて、子どもは少量でも発症する可能性があるそうです・・・。

少量って何グラムよ?って、ツッコミはご容赦下さい、です。

私の身近ではジャガイモ食中毒って聞いたことないなーですが、ご注意下さい。

そして、我が家の論争は・・・、

それでも結局つづくのでした・・・完。

スタッフ談
でも、やっぱり気になるものは気になるのです。
なにより、そもそも、先生は体重に全く影響しないってところが・・・。
大学時代のデニムを、今も軽々とはけるなんて~~~~

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




◆動物病院って怖いですか?・・私の究極の理想
2013111

獣医さんの私でも実は 「 かもなー 」 と思ってしまう事もあります。

病院内外のポスターしかり、病気は怖いぞー、死んじゃうぞー的な言葉でイッパイだもんなーです・・・。

それらを見てると、病気になっちゃうぞ、なっちゃうぞ、こーなったら、病気になってるぞー的ですよね。

しかし、本当は、病気にならないように、ならないように、そして、病気になってしまったら、速やかに治せるように、楽にすごせるように、進行させないように、なんです。

特に、町の動物病院って、治療って、広い意味で、生活を楽にする身近な手助け所だと思っています。

命あるものの理想は「 ぴんぴん ・ ころり 」 ですよね。

: 「 ぴんぴん ・ ころり 」 とは、病気に苦しむことなく、ぴんぴん元気に長生きし、病まずにコロリと空の上、という意味の標語。
( 1979年に長野県高森町で健康維持運動の標語として造られたそうです。PPKと略される )

知らなかったー、公に認められた言葉だったんですね。

自然発生的な民間伝承言葉だと思っていました。

しかも案外に前からある言葉だったんですね。

「ぴんぴん ・ ころり 」、やはり、みんなが思う理想なんだろうな。

しかし、私の究極の理想は、その上をいく 「 ぴんぴんぴんぴんぴん ・ ころり 」 にすることです。

現在、伴侶動物さん( いわゆるペット達 ) の寿命は、環境 ・ 食事 ・ 医療も進歩したおかげ等で、人間同様に、確実に、現在進行形で延びてます。

これはとても喜ばしいことです。

同時にいわゆる高年期?老齢期? 時間も伸びました。

厚労省の一部資料
健康日本21総論 によると人間は、幼年期、少年期、青年期、壮年期、中年期、高年期にライフステージを設定しているようですが、この高年期は65歳から、だそうです。

現在、65歳からって、それからの人生、長い方は長いですよね。

私の義父など大正生まれの今年90歳!( 妻はかなり遅い子供だったようです )

つまり高齢期に突入してから25年!

春夏秋は、いまだ原付バイクに乗って出かけます。( めでたいが、心配 )

つまり、人間もそうですが、伴侶動物さんも( いわゆるペット達 )、若齢期の時間の長さは、昔とさほど変わらず、延びたのは高齢期ってことです。

そして、不老不死は有りません。

じゃあ天寿とは?

天から授かった寿命、自然の寿命、と、言われています。

寿命がつきれば、自然と楽にお空の上へいけるはず・・・

口には出さずとも、おぼろげにそう思っている方はたくさんいらっしゃると、思います。

しかし、人間同様なかなか楽には死ねません。

誰にでも平等に訪れる老化現象と付き合いながら暮らす高齢期や、最期に対して、つらい・痛い、等、を遠ざけるために努力したい。

治療をすると辛い時間が延びるだけでしょ・・・的なご意見も聞きます。

しかし、例えば、老化からくる( 加齢による ) 膝痛と腰痛、合計2個、抱えているとします。

そのうち1個を取り除く、もしくは軽減できれば日々楽しくないですか?

例えば、老化からくる ( 加齢による) 病気Aと病気B、合計2個、抱えているとします。

病気Aは、日々の暮らしはつらいが、治療をすると軽減し、それが原因で直接は死に至らない。

病気Bは、日々の暮らしに影響はないけれど、諸条件から、現実味のある治療法はなく、いずれ死に至る。

このような時、先程も述べたように、「治療をすると辛い時間が延びるだけでしょ・・・ 」 とか、「 どうせ治らないなら治療しても意味ないし・・・ 」というご意見も聞きます。

果たしてそうでしょうか・・・

病気Aの症状を軽減して、日々の暮らしを軽快にした方が、残りは、ほぼ病気Bだけなのだから、病気A+病気Bよりつらさの少ない、楽な高年期を過ごせると、私は思うのです。

では、延命ってどこから始まるのか?

極論を言えば、生後のワクチン接種も延命になってしまいます。

先ほど書いた、腰痛と膝痛や、病気Aと病気Bのように、長い高年期の生活の質をアップさせることも、延命にあたるのでしょうか?

この時点での医療による手助けに対して、「延命はしたくないから、治療はしません。自然に任せます。治療はかわいそうだし、無理やり生かしてもなんだし・・・」 こういったご意見も、聞きます。

しかし、同じ方が、その後、もっと派手な治療をしなくてはならない時点になってから、治療をお望みになるパターンも、ままあります。

延命のラインって本当に難しい。

無理やり生かすってどこからだろう。

私の中には、確固たる信念はあります。

しかし、決して押し付けません。

これも、確固たる信念です。

人それぞれ、自分の信念に従って進むことが、1番後悔しないと思っているからです。

千差万別、ご自分の延命ラインを漠然とでなく、きちんと獣医師と話し合いましょう。

治療をしなければ楽に最期を迎えられる、わけではありません。

人間同様、なかなか楽には死ねません。

治療という手助けをする事により、充実したイキイキした生活を楽しみ、長い高年期を、より楽に、気持ち良く、幸せに、お互い( 動物さん自身と、ご家族 )が過ごし、少しでも穏やかな最期を目指す。

お互い ( 動物さん自身と、ご家族 ) の負担が大きすぎない範囲で、生活する上でのマイナス要因を、なるべく減らす。

命を閉じる準備 ( イキイキした少しでも楽な、幸せな、長い高年期の毎日 ) も、出来たほうが、動物さん自身もご家族も幸せなはずと私は思うのです。

ドン・ペット・クリニックの目的は 「 ぴん 」 の延長!!!

「 ぴんぴんぴんぴんぴん・ころり 」 を目指しましょう。

もちろん動物病院の存在意義は、「 治癒 」 です。

「 治癒 」 の範囲は広いもの。自信をもって書きました。

動物病院って怖いですか?

~~ オマケ ~~
この院長のひとり言のページは、書きたいことはいっぱいあるのに、いつも後回しになってしまいます。
アオダイショウの話、オオサンショウウオの話、アザラシとアシカの話、他諸々。
そういう話って書いてると、頭の中がフワンフワン、セロトニンが溢れるぜぃ。
前回は、今年の2月に書いたので、なんと今回は9ヶ月ぶり!
ぶりぶりぶり、ブリと言えば出世魚!
ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ( 関東 )
ブリってツルッとしてて、カッコイイ!
医療トピックも、いい意味で成長してくといいなぁ、でもそのためには読みやすく工事しないとなぁ、なかなかできないなぁ、と、ぼやいています。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




盲導犬からの「お願い」です
201321

多分皆さんご存知とは思うのですが、、、

お仕事中の盲導犬に出会ったら、触ったり、食べ物をあげたりせず、そっと見守って下さい。

困っているようであれば、「 お手伝いしましょうか?」 と、盲導犬ユーザーに声をかけて下さい。

そして、犬は、信号の色を判断できません。

( 人がいる時は、周りの動きで判断しています )

だから、交差点では 「 赤 ( 青 ) ですよ 」 の、一言をお願いします。

まだまだ盲導犬の認知度は、案外思ったほど高くないのが現状のようです。

確かに日々の生活の中で、毎日盲導犬に出会う人は、まず少ない ( 毎日だと居ないに等しいかな ) でしょう。

外で出会うと盲導犬の大きさは気にならなくても、電車の中や、建物内だと、大きさが目立ち、本能的に戸惑う方もいらっしゃると思います。

もっと頭数が増えれば、街で出会う機会が増えて、もっと自然に街が受け入れられるんだろうなぁ、と、思います。

盲導犬は色んな試験をパスして育成された犬です。

そのお仕事に向いていて、そのお仕事をこなす事に喜びを感じるタイプの犬が、盲導犬になるのです。

牧羊犬も同じです。

そのお仕事に向いていて、そのお仕事をこなす事に喜びを感じるタイプの犬が、牧羊犬になるのです。

麻薬探知犬も、警察犬も、救助犬も・・・

だから、可哀想な犬では決してありません。

頑張ってるね、お疲れ様、少しでもお仕事しやすい環境の手助けしよう、だと私は思っているのです。

公益財団法人日本盲導犬協会

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




ニューヨークのホタル ( 蛍 )
2012721

時期は過ぎてしまいましたが、なんとマンハッタンの中心セントラルパークにてホタル (蛍 ) が生息しているのです!

大都会の真ん中で!

日本では考えられません?

でも日本人以外は興味が無いそうな、もったいないと思う私です。

ユーチューブにも出ています。

興味のある方はご覧あれです。

スタッフ乱入
先生 「 蛍 」 好きですね。
きっと小さい頃に、家族旅行で見た蛍の乱舞を、夏になると思い出すのかな。
いいなー、先生は見たことあって。
いつか私も見たいなー。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




獣医さんのこぼれ話、私は言いたい
2012222

犬さん ( 猫さんにも超稀にあります )には、膝の十字靭帯断裂がおきる事があります。

私が大学で勉強した頃は、基本的に全て外科手術適応でした。

手術の術式は、オーバーザトップという大腿の筋膜を、靭帯の変わりにする術式でした。

しかし現在は、体重15㎏以下の場合、保存療法 = 適切な運動制限 ・ リハビリ ・ お薬、が主流です ( 2~4週で効果確認 )。

体重15㎏以上、もしくは半月板損傷の場合は、基本的に手術適応です。

術式は、MRIT ( ナイロン糸を用いる ) や、TPLO法 ( 金属プレートを用いる ) が、優れていることが実証されており推奨されています。

すなわち現在は、前述のオーバーザトップ法は、推奨されて無いのです。

よって、体重に関係なく即手術や、オーバーザトップ法を進める動物病院は?です。

しかし、MRIT法やTPLO法は、特殊技術や器具が必要、かつ技術の習熟度が、術後の結果に大きく反映する等により、手術件数、実績がある、2次診療施設( 整形外科専門医 ) での治療となる場合が多いことが実情です。

このように動物医療の現場でも、人間と同様に、医学は日進月歩であり、ホームドクターと、2次診療施設 ( 専門性の高い分野 ) との連携の必要性が高まっています。

勿論、ドン・ペット・クリニックでは、遅れをとらないようにホームドクターとしての高みを目指し、日々勉強、そして最新情報もチェックしています。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




動物病院、腕の見せどころ
2012221

ドン・ペット・クリニックでは、犬さん猫さんが8歳以上の場合には、手術前の血液検査で参考値 ( 昔?の正常値)を逸脱していない場合でも、手術の前後に入院をお願いする場合があります。

理由は主に、麻酔を実施すると必然的に心肺機能に影響を与え、血液の循環 = 血圧を低下させてしまいます。

麻酔中の点滴とは、点滴液により血液のボリューム = 量を増やして血圧を維持する事も目的のひとつであり、麻酔の目的が手術の場合は、絶食絶水が必要なため、麻酔前よりすでに体が脱水傾向にあると予測できます。

腎臓機能の評価は、血液検査での、BUN CREの数値から基本的に判断します。

しかし、この項目は、腎臓機能が70%以上障害されて、始めて逸脱値となるので、60%の障害では正常との区別ができないのです。

よって高齢の犬さん猫さんの場合は、安全策として腎臓保護の目的から、手術前後の入院 = 手術前後の点滴 ( 点滴時間は手術を受ける犬さん猫さんによって違います) を、お願いしています。

また、この 「 さじ加減 」 が、腕の見せどころのひとつだと、ドン・ペット・クリニックは考えています。

「 早く飼主さんの元に元気で帰れよ 」 って、入院室で、スタッフに聞かれないように!意外に優しい声で話し掛ける私です。 ( バレてるか )

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




蝉の一生
2011821

蝉、アブラゼミは、地中で6年間過ごし、地上では、約2週間~1ヶ月で死んでしまうそうです。

オスは、地上に出ると数日は小さい声だそうな、練習しているのね。

地上に出現するのはオスが先だそうな、ガンガン鳴いて、わざわざ天敵=鳥とかにアピールして、賢く強いオスだけが、天敵をかわして生き残り、メスの出現を待つ。

かたやメスは、そんなオスと交尾して一生を終える。

うーん浪漫です。

蝉 = 昆虫、侮れないぜ。

「 蝉の一生 」 の主体は何処に在るのだろー。

まあ、そもそも人生に主体があるのか?なんですが・・・。

蝉にも生まれ変わってみたい私です。

スタッフ乱入
生まれ変わりたい生き物が、たーくさんある先生ですねー。
まず 「 ワニ 」 を筆頭にいーろいろ。
蝉もですかー。
ためしに人間限定って聞いたら ( 獣医さん以外が条件 )、医師、F1レーサー、パイロット、そして、うーんと頭の良い人だと、普段の苦悩が見え隠れ。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




ザリガニ釣りのすすめ
2011年夏

私のお勧めは、餌はチクワを縦5ミリとスルメを3センチ、チクワはオモリでスルメの匂いで誘います。

ニボシなら頭は取ってね、水に浮いちゃいます。

見えてるザリなら近くに投入。

濁り水なら糸をたるましておいて、ピンとなったらゆっくり上げてみます。

んで、うんちく、オスは腹と足の境界に前側に伸びた2本のヒレみたいのがあります、チンチンです。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら




ホタルの季節ですね、行きたいなーです
2011年夏

今回もオス・メスのお話です。

ホタルはお腹が光るのですが、オスは2節でメスは1節です。

オスの方が光る面積が大きいです。

メスはあまり動かずに光り、オスは光ながら飛んでメスを探します。

これが、地面にいるメスをめがけて輝きながらオスが降下するので 「 火垂る 」 です。

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら


«  | ホーム |  »

フリーエリア

FC2ブログ内 検索フォーム

知りたい言葉( 例 : ドン 乳腺腫瘍 )を入力して「 検索 」をクリックして下さい。「 ドン 」 を、言葉の頭に付けると、トピック内 検索 に、ほぼなります

ヒットしない場合は、ツイッターでも リクエスト 受付中。

QRコード

QR