FC2ブログ

2018-08

尿失禁 ( 尿漏れ ) と、犬の避妊手術


尿失禁 ( 尿もれ ) とは
膀胱や尿道に炎症などの異常がないにもかかわらず、起きている時には尿を漏らさないが、眠っていて起きる時、また興奮した時に漏らしたりする場合を言います。

避妊手術を実施していない犬では、尿失禁が起こることは稀であるため、尿失禁は避妊手術後の大きな問題点と考えられています。

小型犬での尿失禁の発症は稀ですが、大型犬での発症率は、様々な報告で異なるものの 5 ~ 20
% と、高率です。

一部の尿失禁は、避妊手術 ( 卵巣子宮切除 ) の後に、ごく稀に生じる子宮断端の癒着、または肉芽腫が、膀胱括約筋の機能に影響を与えることで発症するとも考えられます。

しかし、卵巣子宮切除だけに発症するのではなく、卵巣切除でもみられるため、尿失禁は、卵巣を切除 ( 卵巣が摘出される ) → ホルモンの分泌が低下することにより発症すると考えられています。

直接的な関係は証明されてはいません。

尿失禁の治療としては、外科的治療 ( 手術 ) の有効性は、あまり認められていません。

内科的治療では、エストロジェン ( ホルモン剤 ) の投与が実施され有効性もあるのですが、薬の副作用を考慮しながら、寿命が来るまで続けなければならない場合も考えられます。

そのため、避妊手術を実施する際には、尿失禁の発症の可能性についても理解していただき、避妊手術後は、尿失禁の発症の有無に対する注意が必要です。
( 数年以降に発症の可能性 )


雄犬の去勢手術後の尿失禁は、稀ではありますが発症する場合もあるようです。

の避妊手術後の尿失禁の発症は、報告されていません。

また、犬の尿失禁の発症に断尾が関係しているとの報告もあるようですが、詳細は不明です。


★!★!★!
 ドン・ペット・クリニックでは、2例ではありますが、ヒト用のサプリメント等で良好にコントロールできている仔がいます。( 2012年8月現在 )
お困りの飼主様がいらっしゃれば紹介は可能です。


関連トピック↓もっと色々知りたい

犬と猫の去勢手術・避妊手術の必要性

犬と猫の去勢手術・避妊手術の時期=生後どれくらいが良いの?


避妊手術・去勢手術の合併症?‥縫合糸肉芽腫について

子宮はとったほうが良いの?犬の避妊手術
( 卵巣摘出術と卵巣子宮摘出術の比較 )


偽妊娠(想像妊娠)って?妊娠してないのにオッパイが出る!

犬、避妊手術後の尿失禁に対する治療方法
(2013年7月更新)


医療案内=よくある質問、疑問にお答えします の もくじ」 に 戻る


ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら


«  | ホーム |  »

フリーエリア

FC2ブログ内 検索フォーム

知りたい言葉( 例 : ドン 乳腺腫瘍 )を入力して「 検索 」をクリックして下さい。「 ドン 」 を、言葉の頭に付けると、トピック内 検索 に、ほぼなります

ヒットしない場合は、ツイッターでも リクエスト 受付中。

QRコード

QR