2018-04

犬と猫の歯周病 ( 歯磨き・歯石除去・歯石・歯垢・歯槽膿漏 )


歯磨きのすすめ

ドン・ペット・クリニックが開院した当初(もう15年以上前ですね)には、歯磨きの説明なんてしませんでした。

何故なら口のトラブルで困る前に寿命だったのです・・・。

言い換えれば現在は、寿命も延びて長生きになったばっかりに、命には別状のない、口のトラブルで、生活の質が大きく脅かされる様になった訳です。

そして、困った事に動物さんは未来に対して努力はしないので、自ら歯磨きをすることはないのです。

人間は虫歯で痛い目に遭えば、二度とイヤ!と考えて面倒でもガンバリますが、動物さんではありえません。

ってことで、飼主様の努力で、ナレとアキラメを期待して未来のためにガンバリましょう。


犬と猫の、歯のトラブル ( 歯垢・歯石・歯周病・歯槽膿漏 ) 予防 について

① ドライフードを与えましょう

ドライフードは水分含量がゼロですので、食事の後に水を飲みます。
ウガイ代わりになります。

② 大粒のドライフードにしましょう

咬まなければ食べにくいので、必然的に歯が擦れて磨かれます。
関連トピック→それなりに大きい粒のドライフードを食べる意義
( 代表は処方食のt/dです )

③ 歯磨きをしましょう

もちろんベストです。
毎日少なくとも一日おき、外側だけでOKです。

ドン・ペット・クリニックで販売している歯磨きペーストを強くおすすめします。
効果がダンゼン違います。
( 人間の歯磨きペーストはダメです、フッ素を含有していますし、動物はアワを吐き出せません )
詳細は、ご相談下さい。

※ デンタルガムを与えていれば平気?

う~んデンタルガムだけでは、正直役不足です。

歯磨きしている状態で与えると、どうしても磨きにくい所 ( 無理は禁物 ) などに有効!

上記のおすすめ歯磨きペーストと、同じ酵素配合のデンタルガムがお勧めです。
( 歯垢を溶かす力があるので・嗜好性もけっこう評判いいですね )
詳細は、ご相談下さい。

歯磨きペーストで歯磨き + デンタルガムで歯ピカリ!

でもね、ど~っしても歯磨きができない時、きちんとしたデンタルガムは 「 ゼロ 」 より 「 1 」 っていう考え方もあり。
でも、あくまで 「 1 」 を、お忘れなく。

意地悪ではありませんのでよろしくね。


犬・猫さんの歯石除去について

内容は人間の歯医者さんと同じです。
ただ動いてしまうので、全身麻酔が必要なのです。

ちなみに、歯の表面を、ミクロのレベルですが削る事になるので、ツルツルがザラザラになり、施術前より歯石が沈着しやすくなる事は事実です。

よって、施術後は歯磨きを実施しないと、アッ!という間に元の状態に逆戻りです。
( 3年分なら1,5
年 )

また、人間とは異なり、口腔内がアルカリ性であるため、歯石ができやすく、特に高齢の場合、唾液の減少もあり顕著です。

そして、動物病院で歯石除去をするから 「 歯磨きなんて不必要 」 と、言う考えは、麻酔のリスクを考えると、私はおすすめしません。

せっかく歯石除去をする時は、歯磨きも実施しましょう。

可能であれば毎日。
少なくとも2日に1回が望ましいです。

● 関連トピック

無麻酔での「歯石除去」について
2014年6月、記

【HPお知らせ版】
犬さん猫さん、歯磨き、食べかす、歯石、歯垢、お口の臭い・・の関係
2017年6月、記

■ 付録

ドン・ペット・クリニックのおすすめ歯磨き方法
大きなゴミは、柔らかいブラシを使って上下動作で除去。
それ以外は、伸縮包帯 ( 100円ショップでも売っています ) を、15
センチぐらいに切って、指に巻いてゴシゴシします。
無理な力も加わらず上手にでき、使い捨て ( 衛生的 ) で、なおかつ経済的。

お試しあれ★ 
詳しくは ↓ ご覧ください
 犬の歯磨き習慣、ホップ・ステップ・ジャンプ




「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします の もくじ」 に 戻る





ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら

«  | ホーム |  »

フリーエリア

FC2ブログ内 検索フォーム

知りたい言葉( 例 : ドン 乳腺腫瘍 )を入力して「 検索 」をクリックして下さい。「 ドン 」 を、言葉の頭に付けると、トピック内 検索 に、ほぼなります

ヒットしない場合は、ツイッターでも リクエスト 受付中。

QRコード

QR