FC2ブログ

2018-10

動物病院での健康診断って必要なの?


動物病院での健康診断とは、一般的に血液検査・尿検査・各部レントゲンと身体検査です。
実施すれば現状の把握は充分でしょう。

でもね、これは現状把握であり将来を予測する事はできません。

犬猫さんは、1年で人の4歳分以上の歳をとりますので年一回では充分とは言いがたいのも本当です。

ドン・ペット・クリニックのお勧めは、少なくとも6ヶ月に1回の身体検査=問診・聴診、etc、気になる点があれば、則した検査の実施を考慮する。

動物さんには最小限のガマンで、実を獲りたい、本当です。

付録

血液検査結果からの 「 腎臓は問題無い =
BUNCRE等が参考値内 」 の、正しい解釈は、食欲減退等の症状が生じる ( = 腎臓の70%以上が機能不全の状態 ) ほどには、腎臓は障害されては 「 ない 」 であり、腎臓機能が正常と同じ意味ではありません。

言い換えれば、食欲不振等の具合の悪い時に血液検査を実施して、検査結果が参考値内であれば食欲不振の原因は 「 他にある 」 と、ほぼ診断できます。

すなわち、血液検査の目的が健康診断であるのなら、必要十分とは 「 言いがたい 」 のも事実です。

よって、ドン・ペット・クリニックでは、健康診断が目的の場合は、尿検査の併用をお勧めしています。

【HPお知らせ欄・掲示板より】
「シニア関連のお話」はコチラ
この↑ページは「シニア関連リンク一覧」です


「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします もくじ」 に 戻る

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら

«  | ホーム |  »

フリーエリア

FC2ブログ内 検索フォーム

知りたい言葉( 例 : ドン 乳腺腫瘍 )を入力して「 検索 」をクリックして下さい。「 ドン 」 を、言葉の頭に付けると、トピック内 検索 に、ほぼなります

ヒットしない場合は、ツイッターでも リクエスト 受付中。

QRコード

QR