FC2ブログ

2018-12

犬と猫における身近な中毒


今回は身近な中毒を列記しますが、化粧品等、不明な物も沢山あります。
誤飲 ・ 誤食には注意が必要です。
診察 ・ 診断 ・ 治療に大切なのは、「  内容成分 」 です。
なってしまった時、アセル気持ちは判りますが、内容成分が大切なんです。
しっかりチェックし、事前に電話等で、必ず、動物病院に伝えましょう。


農薬・園芸用殺虫剤 ( 有機リン ・ カーバメート剤 )
皮膚に付く ・ 吸い込んでも15分~1時間で、嘔吐 ・ ヨダレ ・ 振るえ ・ 縮瞳 ( 瞳孔が小さくなる ) などが認められます。
解毒薬、なし。
対象療法しか無いので、かなり危険です。

殺虫剤 ( ピレスロイド )
嘔吐 ・ ヨダレ ・ 振るえ
比較的に大丈夫な事が多いのですが、解毒薬はありません。
中性洗剤で洗う、吐かせる。

ホウ酸ダンゴ ( ゴキブリ ・ アリの駆除薬 )
嘔吐、ヨダレはおきますが、結構平気です。

ナメクジ駆除剤 ・ キャンプ固形燃料 ( メタアルデヒド )
皮膚に付いても、食べても、量の問題なのですが、かなりヤバイです。
不安、アワを吹くなど。
解毒薬、なし。

ヒキガエル
犬は、咬んだり食べたりすると中毒を起こします。
ヨダレ・呼吸困難から死亡まで。
まず、水で口を洗い流し、毒素を除去、それから病院に連絡です。
テリア系犬種が、強く反応すると言われています。

猫のαリポ酸中毒
サプリメントの成分に含まれている事が多いです。
レバー ・ 卵黄にも含まれているのですが、人間用サプリメント中の含有量 ( 30
mg以上 ) は、猫の中毒量です。
ヨダレ ・ 運動失調 ・ 食欲不振。
ご注意下さい。

アロマセラピーと猫
ハーブ ・ エッセンシャルオイルの吸入や、マッサージです。
猫の肝臓の仕組み ( 代謝 ) は、人間 ・ 犬とは異なりますので、体内に蓄積されてしまいます。
チャレンジは止めましょう。

犬のタバコ中毒
45分以内に、興奮 ・ ヨダレ ・ 嘔吐を示す事が多く、吐き出してくれれば良いのですが、食べた量が問題です。
4時間経過して問題が無ければ、まずOKなのですが、動物病院に連絡です。

犬のチョコレート中毒
量の問題です。
体重2
kgで、中毒になるためには、チロルチョコで、約25個は必要ですので、極端に心配する必要はないのですが、中毒になれば死亡する事もあります。
蓄積効果あり ( 人間よりも代謝が遅いので ) 。
少量でも毎日は与えないでね。

犬と猫の玉ねぎ中毒
量の問題です。
加熱 ( 調理 ) しても貧血、血尿をおこします。
一過性ですので、健康であれば、まあ大丈夫?です。
猫は、犬に比べて、玉ねぎ中毒に対してより敏感である、といわれています。
長ネギ ・ にら ・ ニンニクなどにも、同成分は含まれています。
玉ねぎ入り焼肉のタレでもなります。

犬とアボガド
人間の果物アレルギー ( 口腔アレルギー症候群 ・ ラテックス-フルーツ症候群 ) と同様に、動物の場合、心臓や乳腺組織が損傷を受けるだけでなく、呼吸困難あるいは全身の浮腫が報告されています。
アボガドの品種によって、大丈夫らしい物もあるようですが、チャレンジは止めましょう。

ブドウ ・ 干しブドウ
犬 ・ 猫 共に、腎不全の原因になります。
特にブドウの皮は、悪いです。
チャレンジは止めましょう。

キシリトール
虫歯予防などに有効として、ガムなどに含まれていますが、犬の場合、血糖値の低下・嘔吐・肝不全をおこす可能性があります。
チャレンジは止めましょう。

乾燥剤
シリカゲル ・ 脱酸素剤 ( 酸化防止剤 ) は、食べても、まあ大丈夫。
生石灰は激ヤバです→すぐに病院、水分と反応し発熱して胃腸に穴が開きます。

保冷剤 ( エチレングリコール )
成分が、エチレングリコールだと、けっこうヤバイです。
時間以内に病院に行く、それでもアブナイ ( 腎不全になります )。
インク ・ 墨汁 ・ 霜取り剤も、同じ成分です。
成分が、硫酸アンモニウム、または、ポリマーなら嘔吐することはありますが、まあ大丈夫です。

電池 ( 乾電池 ・ ボタン電池 )
乾電池に、噛みつくと穴が開いて液漏れし、口の中が荒れて2~3日食べ難い様子になります。
ボタン電池は激ヤバです。
飲み込むと、胃腸で液漏れし胃腸に穴が開きます→すぐに病院。

観葉植物
とりあえず、食べない方が、全て無難です。
代表的な物は、セローム ・ アイビー ・ クレマチス ・ スズラン ・ クロッカス ・ キキョウ ・ シクラメン ・ クリスマスローズ、などです。


1番大切なのは、アセル気持ちは判りますが、状況を、事前に電話等で、必ず、動物病院に伝える事です。

獣医師も、全ての中毒に対して、把握しているわけではありません。

事前に調べる時間が少しでもあれば、それだけ早く的確に、治療が可能となります。

よろしくお願い致します。


「病気のお話 もくじ」 に 戻る


ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら

«  | ホーム |  »

フリーエリア

FC2ブログ内 検索フォーム

知りたい言葉( 例 : ドン 乳腺腫瘍 )を入力して「 検索 」をクリックして下さい。「 ドン 」 を、言葉の頭に付けると、トピック内 検索 に、ほぼなります

ヒットしない場合は、ツイッターでも リクエスト 受付中。

QRコード

QR