2018-06

慢性腎不全・腎機能低下って?


腎臓の機能が落ちて、何時かは死ぬ、不治の状態です。

加齢が原因 ( 慢性腎不全 = 8歳以上? ) の場合が多いので、病気では無いとも言えます。

でもね、早期に発見すれば本当に延ばせるんです!!

元気なうちから、尿検査をしましょう!絶対にお勧めです。

血液検査より、早期に発見できます。

血液検査を先ず勧める先生は遅れてる・・・?です。

そして、作戦をたてましょう。実績あります。ご相談下さい。


もっと詳しく

腎臓機能の6割が障害され、残り4割になると、尿検査に反映し、尿検査項目の比重が低下します。

この時点では、症状は、微かな多飲多尿くらいです。

腎臓機能の7割が障害され、残り3割になると、血液検査に反映し、血液検査項目の
BUNCREが上昇傾向が見られます。

この時点では、食欲の低下や好みが変化したり、下痢がちになったりと体調の変化が認められるようになります。


さらに詳しく

腎臓の仕事は、「体の水分調整(尿の比重に反映)と、体の中のゴミを尿として捨てる」の2つがメインです。

このゴミが、尿として捨てられずに体に溜まると体調不良になります。

このゴミが、血液検査項目の
BUNCREです。

CREは、筋肉のゴミなので、直接的にはどうしようもありません。

BUN
は、食事中のタンパク質のゴミがメインなので、ここに手助けをしてあげます。

腎臓が悪くて、ゴミを尿として捨てられないのだから、ゴミの素 =
タンパク質を、体に入れなければ良い = ゴミが溜まらない = BUNの値が良くなる

それが、食事療法です。

さらに、食事療法は、腎臓の仕事量を減らす事になり、結果CREの値も良くなり、腎臓の寿命を延ばします。

では、低タンパクに調整されている腎臓病用の処方食は、どうやって必要カロリーを保つのか?ズバリ!脂肪分で補って補正してあるのが、腎臓病用の処方食です。脂肪分は腎臓に悪さはしません。


もっとさらに詳しく

★!(2014年5月記載・2016年11月更新の新検査SDMA追加済)
「腎臓機能低下」ドン・ペット・クリニック便り・腎臓編
(含:腎臓に対する検査内容概要)



★!(2013年2月記載)
腎臓に朗報!犬猫さんの、新しい「慢性腎不全」対策!


★!(2017年4月記載)
腎臓に朗報!猫の慢性腎臓病の新薬「ラプロス」発売(2017年4月)今までに無かった効果効能!



【HPお知らせ欄・掲示板より】
「シニア関連のお話」はコチラ
この↑ページは「シニア関連リンク一覧」です


「猫の病気:慢性腎臓病について」
ノバルティスアニマルヘルス株式会社飼い主のみなさまページより



「病気のお話 もくじ」 に 戻る

ドン・ペット・クリニックのホームページは こちら


«  | ホーム |  »

フリーエリア

FC2ブログ内 検索フォーム

知りたい言葉( 例 : ドン 乳腺腫瘍 )を入力して「 検索 」をクリックして下さい。「 ドン 」 を、言葉の頭に付けると、トピック内 検索 に、ほぼなります

ヒットしない場合は、ツイッターでも リクエスト 受付中。

QRコード

QR